カリキュラム

トップページ > カリキュラム

概要

単位認定

 情報学群(情報科学類、情報メディア創成学類、知識情報・図書館学類)の3年次を対象とする組み込み技術キャンパスOJTは,ハードウェアとソフトウェアの2コースからなります.情報科学類(主専攻実験A・B)、情報メディア創成学類(情報メディア実験A・B)もしくは情報学群共通科目(体験型システム開発A・B)が取得できます。

ハードウェアコース 春ABC・秋ABC 定員12名
ソフトウェアコース 春ABC・秋ABC 定員12名

受講特典

受講期間中、受講者は学生証(ICカード)で入室登録され、提供される机・計算機・ソフトウェア等の環境を占有して利用できます。"orange"と"green"の2つのOJTルームは、個別空調、小型保冷庫、コーヒーメーカーが設置され、24時間快適に使用することができます。

受講までの手続き

在学生は、前年度12月末までにスキル調査票を提出し、インストラクターの面接により受講者を決定します。3年次編入生に関しては、4月の専攻実験オリエンテーションの後に面接によって受講者を決定します。

ハードウェアコース

概要

 春学期は「映像信号の入出力」をテーマに、基本的なハードウェア記述言語の記述方法を学んだ後、ディスプレイに映像を出力するための表示回路と、カメラから映像を取り込むためのキャプチャ回路を構築し、基礎を固めます。秋学期は「グラフィックスLSIとSoC設計」をテーマに、映像信号の加工やテクスチャの描画を行うグラフィックスLSIの設計を行い、最終的にはそれらを用いて各自がオリジナルの組み込みシステムを提案し、プレゼンテーションを行うことで、実社会で通用する応用力を身につけます。

教育目標

アーケードゲーム・アミューズメントからFA・OA・車載・医療機器まで多様な組み込み機器で使用される実時間映像処理用のシステムLSIの開発過程回路設計、FPGA実装、CPUによる制御プログラミング、動作検証に関するスキルと知識を、ハードウェアとソフトウェアの協調設計の観点から実践的実習を通じて教育する。

その他の内容

学期 曜日・時限 教室 インストラクタ 特別講義講演者
春・秋 水3・4,金5・6 3C203 "orange" 吉村勉, 小林優 挾間克樹
情報科学類
3主専攻実験A・B
情報メディア創成学類
情報メディア実験A・B
知識情報・図書館学類
体験型システム開発A・B
GB36403,GB36503,GB26403,
GB26503,GB46403,GB46503
GC41103,GC41203 GE40803, GE40903
       
教育用機材・ソフトウェア
ハードウェア Windows 7 PC, Xilinx社 Zynq-7000 All Programmable SoC ZC702 評価キット
実習用端末Windows7 PC(Core-i7)、 トリプル液晶ディスプレイ
実習用ボード[Xilinx社] Zynq-7000 All Programmable SoC ZC702評価キット1)
[Avant社] FMC HDMI&デュアルイメージセンサーカード
[Omnivision社] SXGA-15fpsカメラ
[Digilent社] ステレオ・オーディオ出力ボード等
LSI設計用EDAツール [Mentor Graphics社] Design Verification & Test (Vista™、 ReqTracer™、 Questa
Precision、 Synthesis、Leonardo Spectrum™ ASIC、 Tessent™、Silicon Test、 Questa Codelink、
SystemVision™、 Bridgepoint®)
[Xilinx社] Vivado Design Suite (IDE<統合設計環境>、 SDK<ソフトウェア開発キット>、
パーシャルリコンフィギュレーション、 Vivadoシミュレータ、 Vivadoロジックアナライザー、
VivadoシリアルI/Oアナライザー、 Vivado HLS<高位合成>、 System Generator for DSPTM)
その他ソフトウェア [Microsoft社] Visual Studio、Office(Word、 Excel、 Power Point等)、 Visio

ソフトウェアコース

概要

 組み込み機器においても視覚によるユーザインターフェースの重要性は増し、Web技術も肝要な技術となってきました。授業では、視覚デザインの基礎を学びながら、HTML5の基礎的な文法やDOM構造から主要なJavaScript API、WebGL、Node.jsを用いる実習を行います。さらに「ネットに繋がる触れるおもちゃ」をいわゆるIoTデバイス(超小型コンピュータ)にセンサやモータ、アクチュエータ等を組み合わせて制作します。各自が一通り必要なことを網羅し、企画~作品制作~発表を通して社会で活用できる実務を実践します。

教育目標

 組み込み機器の高度化がもたらすモバイル化に伴い、タッチパネルに代表されるUX実現が必須技術となったソフト開発。プラットフォームをまたがり求められる高度大規模な開発課題はWeb技術による統合に向かう。また、ディスプレイの中だけのコンピューティングではなく、触れられる「もの」も快適で便利にする技術が必須となる。組み込みソフトウェア開発の将来像をしっかり捉え、自ら考え、行動する創造指向育成を目標に教育する。

その他の内容

学期 曜日・時限 教室 インストラクタ 特別講義講演者
春ABC・秋ABC 水3・4,金5・6 3C203 "green" 秋葉秀樹,瓜生潤,客野一樹 岳洋一,林徹
情報科学類
3主専攻実験A・B
情報メディア創成学類
情報メディア実験A・B
知識情報・図書館学類
体験型システム開発A・B
GB36403,GB36503,GB26403,
GB26503,GB46403,GB46503
GC41103,GC41203 GE40803, GE40903
教育用機材・ソフトウェア
設備 Intel Edison Kit for Arduino Grove - Starter Kit, Nexus7等
特記事項 プロジェクトに応じて必要なデバイス等を逐次提供
「openfab 創房」のレーザー彫刻機,3Dプリンター等の機材は常に利用可能