講師紹介

トップページ > 講師紹介

ハードウェアコース インストラクター

小林 優

筑波大学非常勤講師(平成22年度~)
LSIエンジニア

小林 優(こばやし まさる)

所属・役職 / コバック・ドットネット代表

プロフィール / カシオ計算機(株)にて民生機器のLSI設計に関わる。主に、ディジタルウオッチ、ディジタルVTR、ディジタルカメラ、ビデオプリンタ、PDA、PHSなど。(株)エッチ・ディー・ラボの設立に参加し、HDL関連講座の開発や実施、マルチメディア教材「HDL Endeavor」の開発に関わる。また半導体理工学研究センター(STARC)主催の大学(早稲田大、名古屋大、立命館大、京都大など)向け実習講座の講師を長年にわたり実施。「入門Verilog HDL記述」、「FPGAボードで学ぶ組込みシステム開発入門」等の書籍や技術雑誌に多数執筆。

職歴 /
昭和56年4月~平成8年7月 カシオ計算機(株)
平成8年7月~平成20年3月 (株)エッチ・ディー・ラボ (平成19年9月まで取締役)
平成20年4月~現在 コバック・ドットネット代表
業務実績 /
昭和56年4月~昭和63年5月 ディジタルウォッチ,ディジタルVTRなど LSI設計
昭和63年6月~平成5年3月 画像処理,データ圧縮伸長 基礎研究
平成5年4月~平成8年7月 ビデオプリンタ,ディジタルカメラ,PHSなど LSI設計
平成8年8月~平成10年12月 HDL設計講座 講座開発および講師業務
平成8年8月~平成10年12月 業務機器メーカー数社に対する設計指導 コンサルティング業務
平成11年1月~平成13年3月 マルチメディア教材「HDL Endeavor 教材開発
平成13年4月~平成20年3月 スタイルチェッカー「RTquarify」 開発マネージメント
平成13年4月~平成20年3月 STARC発行「RTL設計スタイルガイド」 編集マネージメント
平成13年4月~平成20年3月 STARC発行「RTL設計スタイルガイド」 組み込み関連講座
平成13年4月~平成20年3月 大学向け実習講座 講師業務
平成20年4月~現在 書籍「CQ Endeavor」,技術雑誌 原稿執筆
平成20年4月~現在 HDL設計および大学向け実習講座 講師業務
吉村 勉

筑波大学非常勤講師(平成22年度~)
LSIエンジニア

吉村 勉 (よしむら つとむ)

所属・役職 / 有限会社アルコル 取締役

プロフィール / デジタルLSI、アナログLSI、開発ツールサポートなど半導体開発の広範な分野での業務実績がある。その経験を生かしてHDL設計教育講座の開発、講師業務などを行い、さらにHDL設計のマルチメディア教材の開発なども行っている。

職歴 /
昭和59年4月 ~ 昭和62年8月 セイコー電子工業(株)(現 セイコーインスツル(株))
昭和62年9月 ~ 平成2年12月 (株)リコー
平成2年1月 ~ 平成6年9月 (株)エス・シー・ハイテクセンター(現 日本シノプシス(株))
平成6年10月 ~ 平成8年10月 (株)エルムテクノロジー
平成8年12月 ~ 平成15年3月 (株)エッチ・ディー・ラボ
平成15年4月 ~ 現在 (有)アルコル 取締役
業務実績 /
昭和59年7月 ~ 昭和60年6月 電話用ダイアラーマイコン 設計検証
昭和60年4月 ~ 昭和62年8月 カメラ用デートマイコン 設計開発
昭和63年4月 ~ 平成2年11月 FAX用アナログフロントエンドIC 設計開発
平成3年1月 ~ 平成3年6月 PHS用データ処理LSI 設計開発
平成3年7月 ~ 平成6年9月 論理合成ツール等 ユーザーサポート
平成4年9月 ~ 平成6年9月 HDL設計講座 講座開発および講師業務
平成8年12月 ~ 平成15年3月 HDL設計講座 講座開発および講師業務
平成10年1月 ~ 平成10年12月 HDL Endeavorシリーズ マルチメディア教材開発
平成15年4月 ~ 現在 サーボモーター制御IC 設計開発

ソフトウェアコース インストラクター

瓜生 潤

筑波大学非常勤講師(平成27年度~)
デジタルコンテンツ デザイナー・ディレクター

瓜生 潤 (うりう じゅん)

所属・役職 / (株)エクステージ 取締役

プロフィール / (株)セガにおいて、アーケードゲームの企画・デザインおよび3DCGアーケードゲームの立ち上げに参加、(株)スクエアにおいてはフルCG劇場映画のモーションキャプチャおよびFFIXのモーションディレクタを担当、その後、任天堂プラットフォーム(GBA、GC)でのコンシューマゲーム開発を経て、現在、アミューズメント系液晶コンテンツ企画・開発に注力。

学職歴 /
平成2年3月 大阪芸術大学芸術学部美術学科 卒業
平成2年4月~平成9年6月 (株)セガ・エンタープライゼス
平成9年7月~平成12年6月 (株)スクウェア SQUARE USA Honolulu Studio
平成12年7月~平成15年7月 (株)エヌディキューブ株式会社
平成15年7月~現在 (株)エクステージ株式会社
業務実績 /
平成2年~平成9年アーケードゲーム機企画研究開発 デザイナー・ディレクター
平成2年リアルタイム3DCGアーケードゲームの立ち上げに参画
平成3年~平成5年モーションライド「AS1」開発に参加
平成5年SIGGRAPH 93 Film Show出展 ディレクター
平成9年~平成10年フルCG映画の製作に参加 モーションキャプチャー担当
平成10年~平成12年FFIX開発に参加 モーションディレクター
平成12年~平成15年GBA、GC向けゲーム開発 ディレクター
平成13年~アミューズメント用途液晶コンテンツ企画・開発
秋葉 秀樹

筑波大学非常勤講師(平成26年度~)
Webデザイナー

秋葉 秀樹 (あきば ひでき)

所属・役職 / (株)ツクロアCEO、HTML5 Experts.jpメンバー、Firefox OS日本コミュニティーメンバー

プロフィール /  DTP・グラフィックデザイン・Webフロントエンド全般・Flashゲーム開発・3DCGと幅広い業務に携わる。主な作品は海遊館やサンシャイン水族館とコラボしたAndroid/iPhoneアプリ「Ikesu」や、フジテレビ番組「ノイタミナ」のコンテンツを通じてアートディレクションなどを行いつつも、大手銀行のアプリや、京セラ製スマートフォンのUIデザインなども行う。近著に『Firefox OSアプリ開発ガイド』(リックテレコム)。その他、共著として『10倍ラクするIllustrator仕事術』(技術評論社)や『すべての人に知っておいてほしい HTML5+CSS3の基本原則』(MdN)など多数。技術よりも、人と楽しさを重んじるのがモットー。

職歴 /
平成4年4月 株式会社 グラフィックセンター 入社
平成5年2月 株式会社 グラフィックセンター 退社
以降、フリーランスデザイナーとして活動
平成25年4月 株式会社 ツクロア 創業 現在に至る
業務実績 /
Ikesuアプリ
ノイタミナWebプロモーション
ピンポンスマッシュパズル(モバゲー)
Grad3(個人制作)
TNGパトレイバー公式
その他、多数
著書 /
『10倍ラクするIllustrator仕事術』(技術評論社)
『すべての人に知っておいてほしい HTML5+CSS3の基本原則』(MdN)
『Firefox OSアプリ開発ガイド』(リックテレコム)
『すべての人に知っておいてほしいスタイルシートデザインの基本原則 』(MdN)
『Facebookデザイン プロフェッショナルガイド』(マイナビ)
『CSS3デザイン プロフェッショナルガイド』(マイナビ)
客野 一樹

筑波大学客員准教授(平成26年度~)
博士(工学),アルゴリズム設計・実装

客野 一樹 (きゃくの かずき)

所属・役職 / (株)アクセル 技術グループアルゴリズムチーム チームリーダー シニアマネージャー

プロフィール / 筑波大学大学院において各種初等関数のハードウェア実装の研究で博士号を取得。(株)アクセル入社後、アミューズメント市場向けの動画・音声の圧縮アルゴリズムの開発に従事。平成23年からは、スマートフォン向けのソフトウェアIPの企画・開発に関わる。

職歴 /
平成17年4月~現在 (株)アクセル
業務実績 /
平成17年~平成19年 グラフィックスLSI AG401 動画・音声圧縮技術の開発
平成20年~平成23年 グラフィックスLSI AG501 動画・音声圧縮技術の開発
平成24年~現在 グラフィックスLSI AG601 動画・音声圧縮技術の開発
平成23年~現在 スマートフォン向けのソフトウェアIPの企画・開発
中村 祐樹

筑波大学非常勤講師(平成27年度~),組み込み技術キャンパスOJT第2期生
アルゴリズム設計・実装

中村 祐樹 (なかむら ゆうき)

所属・役職 / (株)アクセル 技術グループ アルゴリズムチーム エンジニア

プロフィール / 筑波大学大学院の博士前期課程修了。(株)アクセルにて、動画デコーダーやスケーラといったソフトウェアIPのスマートフォン向け最適化、iPad向けペイントツールの開発等を行う。平成25年からはアミュー ズメント市場向け超解像スケーラのアルゴリズム 設計・RTL設計に携わっている。

職歴 /
平成23年4月〜現在 (株)アクセル
業務実績 /
平成23年〜平成24年 ソフトウェアIPのスマートフォン向け最適化など
平成25年〜現在 超解像スケーラの設計・開発

集中講義・実習「立体造形の基礎と3Dプリンタの応用」 インストラクター

織田 隆治

筑波大学非常勤講師(平成25年度~)
立体造形デザイナー・3DCGアーティスト・イラストレーター

織田 隆治 (おだ たかはる)

所属・役職 / (株)FULL DIMENSIONS STUDIO 代表

プロフィール / イラストレーション、造形、模型、モノ作りを、これまでの経験により幅広く製作。展示会やミュージアム、ショールームに使用する模型や映像等の製作。3Dプリンターを使った新規事業のコンサルタント。

業務内容 / 展示模型制作。試作制作。フィギュア原型制作等。模型全般。3Dプリンタによる模型、造形、プロダクト試作制作、出力サービス店舗内装設計、展示会設計、店舗展示装飾デザイン内装、外装パース制作。建築パース制作イラスト、テクニカルイラストレーションキャラクターデザイン

学職歴 /
大阪芸術大学芸術学部美術学科 卒業
業種 実務経験
インテリアメーカー 自動車内装に使用するファブリックデザイン、コーディネート、企画、設計を担当
SP/graphicデザイン POPやプレミアム商品の企画、デザイン、開発を担当
展示模型制作 科学館や博物館等に展示する模型の設計、制作。内部構造等の図面。アルミや真鍮からメカを制作
屋外広告デザイン 屋外広告、店舗デザイン、展示会デザイン制作。
業務実績 /
2006年05月映画「陽気なギャングが地球を回す」3DCGモデリング
2011年03月映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」3DCGモデリング
2012年10月 「BOX」アルバム「マイティ・ローズ」アルバムのジャケットイラスト
2014年04月オリックス・バファローズ様の本年度ファン用冊子「Bs TIME」選手フィギュア制作
2014年08月DREAMS COME TRUE 新アルバム「ATTACK25」プロップデザイン、プロップ制作
2015年08月アニメ「うしおととら」1/1、3/4「獣の槍」の展示モデルを制作
2015年09月映画「ギャラクシー街道」3DCGモデリング
2015年09月映画「ギャラクシー街道」3DCGモデリング
2015年09月映画「サクラ花」3Dプリント用3DCGモデリング

ハードウェアコース  特別講義 講演者

挾間 克樹

筑波大学非常勤講師(平成26年度~)
博士(工学),LSIエンジニア 

挾間 克樹 (はざま かつき)

所属・役職 /  ザインエレクトロニクス(株) 生産部長

プロフィール /  東京工業大学学大学院において金属工学の研究で博士号を取得後、新日本製鐵(株)に入社、フラッシュメモリなど不揮発性メモリの製品技術開発に従事。ザインエレクトロニクス(株)に入社後は、液晶パネル向けASSPの設計、顧客技術サポートなどを経て、現在、品質保証を担当。

職歴 /
平成4年4月~平成10年2月 新日本製鐵(株)
平成10年2月~平成10年9月 日鉄セミコンダクター(株)
平成10年10月~現在 ザインエレクトロニクス(株)
業務実績 /
平成4年6月~平成10年2月 多値フラッシュメモリ、EEPROMの開発など 設計開発
平成10年2月~平成10年9月 RFIDの量産移管業務 製品技術
平成10年10月~平成12年9月 高速I/F LSIの設計など 設計開発
平成12年10月~平成19年9月 LCD TV用I/Fの規格策定など 技術営業
平成19年10月~平成24年12月 品質マネジメントシステムの構築など 品質保証
平成25年1月~現在 車載向けLSI生産体制の構築など 生産管理
平成17年4月~現在 東京工業大学工学部金属工学科非常勤講師 講師業務

講義概要 /

最初に、半導体ファブレス企業のビジネスモデルとLSIの製造技術について、マスクやウェハ、パッケージ用部材などを示しながら、基礎知識として紹介します。次に、品質マネジメントシステムに関する一般論を説明した後、半導体ファブレス企業が求められる品質とはどのようなものか、実際に発生したトラブル事例も交えて考えます。これらを通して、設計段階での予防処置が、品質保証上、大変重要なことを感じていただきます。

会社概要 /

ザインエレクトロニクスは、アナログとデジタルの双方に通じたLSIの企画・設計、販売を行うファブレス( 工場を持たない) 半導体メーカーです。高精細テレビ等に必須の高速インターフェースや電源制御技術、携帯電話などで用いられる高周波無線技術により、消費者生活や事業活動などの身近な分野での応用が広がっています。

ソフトウェアコース  特別講義 講演者

岳 洋一

筑波大学非常勤講師(平成26年度~)
ゲームソフトウェアディレクター

岳 洋一 (たけ よういち)

所属・役職 / (株)トイロジック 代表取締役社長

プロフィール /  (株)ナムコを経て、(株)トイロジックを創業。

職歴 /
平成5年4月~平成13年3月 (株)ナムコ
平成13年4月~平成18年11月 (株)キャビア
平成18年12月~現在 (株)トイロジック

業務実績 /

平成11年6月~平成12年3月 PlayStation2ゲームソフト「リッジレーサー5」 キャラクター描画システム
平成12年5月~平成13年3月 PlayStation2ゲームソフト「風のクロノア2」 描画システム、モーションシステム
平成15年7月~平成16年3月 PlayStation2ゲームソフト「攻殻機動隊」ディレクター
平成16年7月~平成18年7月 Xbox360ゲームソフト「バレットウィッチ」ディレクター
平成22年9月~平成24年10月 Xbox360ゲームソフト「Happy Wars」ディレクター

講義概要 /

ゲームプログラマー、ゲーム企画、経営者の3つ経験をベースとした知識と分析から、ゲーム産業の考察、ゲーム開発の手法、日本と海外の業界の違いについて幅広く講義します。その時に主流となりつつあるビジネスモデルや、技術について取り扱います。

会社概要 /

株式会社トイロジックは、家庭用ゲームの受託開発と、ワールドワイド向けのゲーム開発と販売を目的として設立された会社です。P2Pネットワーク技術、フレームワークの設計などの開発力を評価された事により大手のゲームメーカーと組んで大規模なゲームタイトルの開発と並行して、2010年下旬より自社のオリジナルゲームの販売を計画しています。

担当教員はこちら >>