講師紹介

トップページ > 講師紹介 > 担当教職員

担当教職員

徳永 隆治

情報メディア創成学類 担当教員 (プログラムマネージャー,広報・総務)
徳永 隆治 教授

tokunga@cs.tsukuba.ac.jp
http://www.chaos.cs.tsukuba.ac.jp/~tokunaga/

専門分野 / 非線形問題(カオス・フラクタル理論)を中心とする数理工学が専門です。フラクタル画像圧縮の研究に端を発するゲームソフトメーカーとの共同開発以来、アミューズメント向け組み込み機器のアルゴリズム設計に"はまり込ん(embedded)"でいます。

コメント / 最初のプラットホームは、"vb"でした。"マリオパーティ"の実装技術として考案した画像圧縮エンジンは、"64"、"GC"向けの"hvqシリーズ"として沢山のゲームソフトに採用されました。その後、アミューズメント筐体向けのハードウェア圧縮エンジン"rapicシリーズ"をアクセルさんと共同開発しています。さらに近年は、セルシスさんとUGC創成支援技術の研究・開発を始めました。マーケットを常に意識し、コストを最適化する"組み込み技術"は、まさにビジネスに直結した戦略的技術です。一人でも多くの学生にその面白さを知ってもらいたと思っています。

追川 修一

情報科学類 担当教員 (庶務)
追川 修一 准教授

shui@cs.tsukuba.ac.jp
http://real.cs.tsukuba.ac.jp/~shui/


専門分野 / 将来の情報家電、情報アプライアンスをターゲットとした、オペレーティングシステム、仮想マシンモニタといったシステムソフトウェアの研究をしています。特に、組み込み機器向け仮想マシンモニタの研究、仮想マシンモニタを用いた信頼性の向上に興味を持っています。

コメント / 皆さんの部屋にはいくつ家電機器があるでしょうか?そのうちコンピュータ(マイコン)制御でないものはあるでしょうか?実は、現在コンピュータ制御でない家電機器はほとんどないと言ってもよいくらいです。自動車もたくさんのコンピュータにより制御されています。街角にある自動販売機もコンピュータ制御です。私たちは、PCなどよりも遙かに多くのコンピュータ制御の組み込み機器に囲まれて生活しています。そのような組み込み技術を学ぶことが将来に渡って重要であることは言うまでもないことだと思います。

木村 成伴

情報メディア創成学類 担当教員 (計算機ネットワーク)
木村 成伴 准教授

kimura@netlab.cs.tsukuba.ac.jp
http://www.netlab.cs.tsukuba.ac.jp/~kimura/

専門分野 / 現在,インターネットを通して様々な通信が行われています.例えば,電子メールの送受信や,ウェブページの閲覧,音楽や動画像のストリーミング配信などは,我々の生活に欠かせないものとなりつつあります.私の研究の専門は,これらの通信の効率を測定し,これを更に改善する手法を提案していくことです.

コメント / 組み込み技術は,スイッチングハブやルータなどといったネットワーク機器の制御を司る中核を為す技術でもあります.近年,インターネットが普及するに連れて,ネットワーク通信の高速化や大規模化,多機能化が進められており,組み込み技術は今後益々重要な技術となっていくものと思われます.

庄野 和宏

情報科学類 担当教員 (庶務)
庄野 和宏 准教授

shouno@cs.tsukuba.ac.jp
http://www.fillab.is.tsukuba.ac.jp/~baja/


専門分野 / 主にアナログ電子回路に関する研究を行っています。アナログというと、一般的には、古くて性能が悪いもの、というイメージが先行しがちです。実際にアナログ回路技術は、センサで拾った信号を取り扱うときや、電波や光でディジタルデータを送受信するときなど、現在のIT技術の様々な場面で必要不可欠なものです。こういったことからアナログ回路技術は一般的な認識とは異なり、ますます重要になっている技術の一つです。研究では、新しい回路、特にフィルタ回路を提案し、計算機シミュレーションを行い、また各種測定器を駆使して、集積回路の試作・動作試験を行っています。

コメント / 身の回りを見回すと、テレビ、ビデオ、携帯電話、そして、エアコンでさえ、リモコンの信号の送受信、温度や風向きのコントロールにマイクロコンピュータを使用しています。これらは組み込み技術なしには成り立ちません。最近は、電子機器の工作を趣味としている人の間でも、扱いやすいマイクロコンピュータを積極的に利用する動きが出てきています。情報学群で、組み込み技術を学び、社会で活躍してくれることを期待します。

小野 雅晃

システム情報工学研究科支援室 担当技術専門職員 (ハードウェアコース・openfab 創房 技術顧問)
小野 雅晃 技術専門職員

ono@sie.tsukuba.ac.jp
http://marsee101.blog19.fc2.com/


専門分野 / FPGAに興味を持って、仕事、趣味共にFPGAのツールをいじっています。主にFPGAの話題を書いている「FPGAの部屋」というブログを10年以上書いています。その他の趣味としては、木工とレーザー加工機を使ったアクリル加工があります。

コメント / Linuxが十分動作できるARMプロセッサとFPGAが1チップに搭載されているFPGAが出てきました。ZynqやSoC FPGAです。これからはますますソフトウェアとハードウェア両方の知識が必要になっていくと思います。ソフトウェアで性能が満足しなければ、ハードウェア(FPGA)にオフロードするという機会が増えてくるでしょう。ツールも高位合成ツールが出てきて、CやC++、JAVA等の高級言語からハードウェアに変換できる機会も増えてきましたが、まだまだハードウェアの知識が必要です。ソフトウェアはすでに十分に学習されているでしょうから、FPGAを学んでハードウェアの知識を身に付ければ、鬼に金棒になるに違いありません。それにFPGAはMicrosoftの「Bing」のページランク処理に用いられてきていて、話題の技術となっていますので、この機会に学習されると良いと思います。

森屋 和喜

協力企業 担当教員 (プログラムマネージャー,総務・プレ講義)
森屋 和喜 客員教授


所属・役職 / (株)アクセル 技術企画担当シニアマネージャー

担当講義 / 「教養と科学」、「ソフトウェアサイエンス概論II」

コメント / 本プログラムでは、協力企業側のプログラムマネージャーを担当しています。「組み込み技術」は聞き慣れない言葉かもしれませんが、世の中を動かしている電子機器の基本は「組み込み技術」です。本プログラムは、この「組み込み技術」をキーワードに、幅広い技術レイヤーを体験でき、流行り廃りに左右されない技術を習得できる機会です。また様々な方面からの協力を得て、素晴らしい教育環境を整備しました。このチャンスを生かして己の価値を高め、その能力を社会で発揮してください。

ハードウェアコース・ソフトウェアコース担当インストラクターはこちら >>