情報学群の考え方と教育方針

 人間は,知識や情報を記録し,共有し,利用する様々な 技術とそれに基づく文化的・社会的システムによって現 代社会を築きあげてきました.コンピュータやネットワ ークなどの情報基盤を発展させ,人間が持つ知識と情報 を,効率よくかつ効果的に利用できる環境をさらに進化 させることは,我々が将来に向けて持続的・安定的に発 展していくために必要不可欠です.こうした社会的要請に応えるために,情報学群には情報 科学類,情報メディア創成学類,知識情報・図書館学類の 3学類をおき,知識と情報の記録,蓄積,共有,加工,利用 といった諸活動に関わる様々な情報技術とともに,それ によって支えられる人間の知的活動とその社会的・文化 的基盤を十分に学び,社会や企業,大学や研究機関などに おいて,将来を見据えて各界をリードすることのできる 人材を育成します.

教育課程

 カリキュラムに情報学群としての一体感を持たせています.教育水準の確保と学群内の転学類への対応 が容易にすることを目的として,1年次の履修科目に 内容的に共通な科目群を学類ごとに設けました.これ により,情報学群の全ての学生が一定で共通の基盤的 知識を習得するようになります.

 情報学群全体として,情報に関わる非常に多様で広 範な科目群を展開することができます.これを利用し て,それぞれの学類に所属する学生がその学類単独で は扱えないようなより広い領域の情報に関わる知識を 習得できるようにします.

 情報学群内の各学類の独立性を保ちつつ,学生の多 様な研究要求に応えるため,学生が研究領域の近い他 学類の教員の指導を受けられる場を積極的に提供します.

筑波大学 情報学群
CONTENTS
情報学群について
  • 情報学群長挨拶
  • 教育方針
情報学群案内
  • 各学類の概要
  • キャンパスライフ
  • 学類パンフレット
  • シラバス
イベント情報
  • 入試情報
  • 説明会日程
  • 模擬・出張講義
アクセス・連絡先
  • アクセス
  • 問い合わせ先
TOP PAGE